■ 会長の挨拶

公益社団法人石川県不動産鑑定士協会のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

当協会は、不動産鑑定士の品位の保持及び資質の向上を図り、あわせて不動産の鑑定評価に関する業務の進歩改善を図るべく運営され、もって不動産鑑定評価制度の発展並びに土地等の適正な価格の形成、さらには広く県民生活の安定に資することを目的とする団体です。

 

不動産の鑑定評価は、不動産の鑑定評価に関する法律(昭和38年法律第152号)の公布・施行、不動産鑑定評価基準の設定に関する答申(昭和39年)、地価公示法(昭和44年法律第49号)の公布・施行により概ねの骨格が制度化されました。その後半世紀余りの間に我々は昭和40年代後半及び昭和60年代から平成初期にかけての地価高騰とその後の長期間に亘る地価下落を経験しました。不動産鑑定評価制度が地価の激変に十分な対応ができなかったこと、また、不動産鑑定士自身が地価高騰の一翼を担ってしまった場合があったことなどの反省を踏まえ、不動産鑑定評価基準も幾度か改正されました。また、一部の不動産が金融市場に取り込まれ、不動産の証券化が制度化され、不動産鑑定評価も証券化不動産への対応を迫られました。一方、これまで不動産鑑定業界を支えてきた公共事業が大幅に減少し、事業環境は大変に厳しくなっております。こうした変化は当業界に限られたものではなく、我々不動産鑑定士も変化に対応すべく、これまで以上の研鑽と変革を迫られております。

 

県内の不動産鑑定士の業務内容は国土交通省による地価公示、石川県による地価調査、国税庁の相続税路線価のための評価、市町による固定資産税等の課税のための評価、公共用地買収の適正価格を求める評価、裁判所による競売不動産の評価といった国や地方公共団体による業務が大きなウエイトを占めてきました。これらの業務による成果は一部が公表され、土地取引のための目安となり、あるいは相続税、固定資産税等の課税に活用されることにより、不動産鑑定士は石川県民の皆様の生活に関与してきましたが、民間企業や個人の方との直接的なお付き合いが少なく、このため不動産鑑定士という資格自体の知名度は低いように感じられます。当協会は公益社団法人の公益目的事業のひとつとして不動産鑑定士による無料相談会を実施しておりますが、知名度の低さ故か、利用される方は少ないのが実情です。例えば住宅の購入は、一般個人の多くの方にとって一生に一度の高額な買い物となります。住宅の購入を検討している、あるいは売却したいと考えていらっしゃる方は是非ともこの無料相談会を活用して頂きたいと思います。

 

当協会は不動産鑑定評価制度と不動産鑑定士が、県民の皆様にとって身近な存在となれるよう公益目的事業を続けてまいります。当協会の活動にご理解とご支援を賜り、幅広く不動産鑑定士の活用をお願い申し上げます。

 

                   公益社団法人石川県不動産鑑定士協会

                                                    会 長  大場 修 

■会員の紹介

■業務時間

月・木:10時〜16時

火・水・金:13時〜16時

 

※常勤者は事務員のみ

不動産鑑定士は非常勤

■アクセスマップ

■連絡先

〒920-0901

金沢市彦三町2-5-27

名鉄北陸開発ビル501

 

TEL: 076-232-0304

FAX: 076-232-0306

 

問合わせフォーム